デイサービス

デイサービス(利用定員10名)

ご自宅より専用送迎車にて、当センターへ通所していただき、お食事・ご入浴・レクリエーションを中心にした快適なプログラムとご家族に対してのフォローをいたします。ご利用者の方の自立生活の助長、社会的孤立感の解消等、心と体の健康維持増進を図り楽しい日々を過ごしていただくことを目的としています。

デイサービスセンターさくら苑(日帰り介護)のご案内

デイサービスセンターさくら苑では職員全員で「お年寄りが、家に閉じこもることなく積極的に地域社会へ参画できるような自立に向けた支援や、個々のニーズを満たした快適で健康的な時間を過ごすことができる支援」、「介護者の心身の負担の軽減を図るための支援」を目的として介護を提供しています。

サービス内容

送迎サービス

送迎サービス リフト車・ワゴン車・小型普通乗用車にて利用者のご自宅までの送迎。(一人暮らしの方、送迎時にご家族が留守の場合も、相談に応じます。

給食サービス

給食サービス 各々にあった食事形態で嗜好に合わせ、バランスのとれた栄養価の高いメニューの提供。(制限食にも対応)

入浴サービス

入浴サービス 広い浴槽・車イスご利用のままでご入浴していただける特殊浴槽を完備。(浴室内では、常に2名の職員が介助するため安心してご利用いただけます。広いお風呂にのんびりと入りたい方、ご自宅で入浴できない方は、ぜひご利用下さい。)

楽しく気軽にできる機能訓練(午後)

前半の時間

入浴サービス 手先を使う作業
(季節に合ったひな人形やクリスマス飾り作り・折り紙・ちぎり絵等趣味的活動)
計算記憶力・文書の音読・カードゲームなどでの頭の体操

後半の時間

入浴サービス リズム体操・リハビリ体操・体を動かして行うゲーム
(特に、転倒予防のための筋力アップ体操に力をいれています。)

※ 午後3時のお茶の時間をはさみ、変化をつけることで楽しく無理なく体の内外の機能を活性化できるような内容となっております。
● その他、送迎時や連絡帳を通して介護者であるご家族との交流をはかり、悩み事や、
  疑問に思われていることの改善に努めます。
  また、健康管理については細心の注意を心掛け、検温・血圧測定の他に、定期的な体重測定をおこない
  異常の早期発見・予防に努めます。
● 月に3回行われる散髪もご利用できます。(2,000円)
● ご契約の利用曜日以外で、急なご利用・祝日のご利用もできます。
● 施設見学、お試し利用もできます。上記問い合わせ先までご連絡下さい。
営業日 月~土曜日(日曜日のみ休業・12月30日~1月3日休業)
営業時間 午前8時30分~午後5時30分
(送迎は順番により、この時間帯の中で前後1時間程度で行っています。)
実施地域 〔指定地域密着型通所介護〕 北本市
〔指定介護予防通所介護・指定第1号通所事業〕  北本市、鴻巣市、桶川市の一部
定員 1日10名
職員  生活相談員1名・看護職員2名・介護職員4名・運転手2名
事業所番号 1175300076 (地域区分 : 北本市 6級地)

一日の流れ

▼ 午前8:40分…3台の送迎車がさくら苑を出発
▼ 午前9:10…送迎車がさくら苑に到着し始めます
▼ 午前9:50…入浴開始
▼ 午前11:30…食事前のお口の体操が始まります
深呼吸→首や肩をリラックスさせて…
     ↓
  お顔のマッサージ
     ↓
  さらに、つばがいっぱい出てくるように耳下腺マッサージ
     ↓
  最後に全員で「おいしく食べよう」の歌を歌います。(村のかじやの替え歌で)
▼ 午前11:45…昼食の配膳開始
▼ 午後12:20…食事を終られた方から順次、歯磨き・うがい・義歯洗浄を行います
▼ 午後12:45…休養の時間です
▼ 午後1:45…全身を動かしての『口腔機能向上体操』
最初に、軽く頭の体操をします。
     ↓
それから、口腔領域を中心とした体操と全身筋力トレーニングを併用した体操を行います。最後に、椅子に座ったままで想像力を使ったおもしくて変わった動作をして終了。(山登り、空を飛ぶ、すもうを取る…)
▼ 午後2:20…静かな活動の時間です
・頭の体操(カルタ・トランプ・計算・漢字の読み・パズル・記憶力…)
・趣味的活動(人形・ちぎり絵・壁絵・ぬり絵・粘土細工…)
▼ 午後2:55…お茶とお菓子で休憩となります
▼ 午後3:15…楽しく身体を動かす時間です
・リズム体操(音楽に合わせて体操をします)
・転倒予防体操を行います。
▼ 午後3:40…個人または、チームに分かれて得点を競うゲームを行います。ボーリング・ゲートボール・風船バレー・テーブル卓球・もぐらたたき・物送り競争・的あて…
▼ 午後4:00…クールダウンの時間です
2、3曲童謡や季節の歌や昔の流行歌を歌い、帰り仕度をします。
▼ 午後4:10…職員の誘導でロビーに移動し、それぞれの送迎車に乗る準備をします。
▼ 午後4:15…送迎車がさくら苑を出発します
★季節ごとの花見や物見見学のための苑外レクリエーションもあります。
★また、月に一度職員による「お楽しみ会」というものも開かれます。

ご利用料金について

【地域密着型通所介護  5時間以上7時間未満】
◆ 介護保険自己負担金 
介護保険自己負担金  合計
(1回につき)
基本
単価
サービス
体制強化
加算
その他加算 介護職員
処遇改善
加算(I)
介護職員等
特定処遇改善
加算(I)
昼食
関係費
日用品
及び
教養費
1割負担 2割負担 3割負担
要介護1 666 単位 18 単位 その他の加算
参照
5.9%
(※1)
1.2%
(※1)
850 円 200 円 1,802 円 2,554 円 3,306 円
要介護2 786 単位 1,935 円 2,819 円 3,703 円
要介護3 908 単位 2,069 円 3,088 円 4,107 円
要介護4
1029 単位 2,203 円 3,355 円 4,507 円
要介護5 1150 単位 2,335 円 3,620 円 4,905 円
◆ その他の加算 (上記に適宜加算を加えた金額となります)
その他の加算 1割負担 2割負担 3割負担
入浴加算 50 単位 1日につき 52 円 103 円 154 円
口腔機能向上加算 150 単位 月2回限度 154 円 308 円 462 円
送迎減算 ▲47 単位 片道につき ▲49 円 ▲97 円 ▲145 円
端数処理のため、金額が多少前後することがございます。

※1 算定した単位数の1,000分の59、1,000分の12に相当する単位数
  (但し、区分支給限度額には含まれません)

※2 地域区分 : 北本市 6級地 : 1単位 = 10.27円
  介護給付費にかかる単位数に1.027を乗じた額が料金となります。
口腔機能向上 ※ ご希望の方のみ
口腔機能の低下又はそのおそれのある方に対して、歯科衛生士等が口腔機能改善のための計画を作成し、
これに基づく適切なサービスを提供いたします。

ご利用料金について【介護予防通所介護・日常生活支援総合事業通所型サービス】

◆ 介護保険自己負担金
保険対象者 基本単価 サービス体制
強化加算
その他加算 介護職員
処遇改善
加算(I)
1割負担
介護職員等
特定処遇改善
加算(I)
1割負担
(※2)
2割負担
(※2)
3割負担
(※2)
要支援1 1,655 単位 72 単位 その他の加算
参照
5.9%
(※1)
1.2%
(※1)
1,900 円 3,800 円 5,700 円
要支援2 3,393 単位 144 単位 3,891 円 7,681 円 11,671 円
◆ その他の加算 (上記に適宜加算を加えた金額となります)
その他の加算 1割負担 1割負担 3割負担
(※2)
口腔機能向上加算 150 単位 月1回限度 154 円 308 円 462 円
◆ 保険対象外の負担金 1回ご利用につき1,050円となります。
端数処理のため、金額が多少前後することがございます。
※1 算定した単位数の1,000分の59、1,000分の12に相当する単位数 (但し、区分支給限度額には含まれません)
※2 地域区分 : 北本市 6級地 : 1単位 = 10.27円
  介護給付費にかかる単位数に1.027を乗じた額が料金となります。
口腔機能向上 ※ ご希望の方のみ
口腔機能の低下又はそのおそれのある方に対して、口腔機能改善のための計画を作成し、
これに基づく適切なサービスを提供いたします。
その他の自己負担金1,050円【保険対象外】についての説明
●昼食関係費・・・1日850円(光熱費、食材費、お菓子代を含む)
●レクリエーション費・・・1日200円(色紙、画用紙、模造紙、のり等)利用された場合のみ
●リハビリパンツ代(1枚につきS:150円、M:200円、L:250円)
●尿取りパット代(1枚につき50円)
※廃棄料金込み
ご利用に際しまして、以下の証書のご提示をお願いいたします。
◆介護保険証
◆介護保険負担割合証

『日常生活支援総合事業 通所型サービス』

平成28年4月1日から、「日常生活支援総合事業 通所型サービス」を開始します。

予防給付のうち、訪問介護・通所介護について、市町村が地域の実情に応じた取組ができる介護保険制度の地域支援事業へ移行します。
デイサービスセンターさくら苑においても、現行の通所介護相当にあたる①通所介護、多様なサービスにあたる②通所型サービスAを行っていきます。
サービスのご利用については、ケアマネジャー様とご相談いただくか、さくら苑までお問い合わせ下さい。

『地域密着型通所介護事業所』

平成28年4月1日から、「地域密着型通所介護事業所」となります。

介護保険法の改正により、小規模なデイサービス事業所(利用定員18名以下)については、少人数で生活圏域に密着したサービスであることを踏まえ、地域との連携や運営の透明性の確保、また、市町村が地域包括ケアシステムの構築を図る観点から整合性のあるサービス基盤の整備を行う必要があるため、平成28年4月1日から「地域密着型通所介護」として地域密着型サービスに移行されます。現在、デイサービスセンターさくら苑をご利用中のお客様につきましては、「地域密着型通所介護」の契約に変更となります。


 ◆ 平成28年4月以降は、原則、北本市民のみが利用できます。
  (但し、平成28年3月31日時点において通所介護の利用契約を締結している利用者は、事業所所在地の市町村以外の方についても引き続き当該事業所を利用することができます。)
 
 ◆ 利用料は現在と変更ありません。

 ◆ 「運営推進会議」を設置し、おおむね6か月に1回以上開催します。

 ◆ ご利用中の方は「地域密着型通所介護」への契約変更の手続きを行います。